スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

skirt

誰にだってよくあると

分かっているよ、それくらい

分かっているさ、それくらいは。



121009 (26)

スポンサーサイト

Tag:mind  Trackback:0 comment:0 

君はいま光の中に

2 - コピー (6)


「始まりと終わり」

ZINE FES vol.3 終わりました。

僕は会期2日間のうち1日しか在廊できませんでしたが

今回も多くの方にご来場いただき、そして僕らのZINEをご購入していただき

ほんとうにありがとうございました。

並びに、主催者様、出展者の皆様おつかれさまでした。

今回も多くの発見、出会いがありました。

これは、決して簡単なものではなく稀有なものだと思います。


いつまで続くかわからない生命(大げさでも真剣)で

僕はまだ、しばらくは、自分の中に生まれる気持ちをアウトプットしていくと思います。

表現のカタチはなんでもいいんです。

そういう想いの中で、

こういう場を与えてもらえていること。

喜ばしいことであり、とても感謝しています。


今回の作品テーマは

「見えない」

でした。

見えないから視えるもの、感じるもの、感じられるもの。

視覚だけではない感覚を使うこと。

嗅覚、聴覚、触覚。

そこに僕を含ませる。

このZINEが僕の手を離れて、誰かの手にとってもらい、見て(感じて)もらう。

このZINEで僕と見たヒトを繋ぐ。

そうあればいいと思いました。

そこで完成するのかもしれないと思いました。


いや「完成」はしないのかもしれない。

「そこ」に在り続けるのでしょう。

僕とキミのちょうど間くらいに。


今回、コトバの持つ強さに頼らない選択をしたことは正解だった思います。

僕の持つ「aoさ」をある意味では際立たせることもできたのではと思っています。


また新しい「始まり」が始まったような気がしています。


このZINEの制作過程で、正直いろんな想いが駆け巡っていて、

戸惑って、苦しんで、胸を震わせて、打ちひしがれて、

悲しくて、寂しくて、怖くて、怯えて、

そして、会期を迎えて。

それなのに、ずっと笑っていたと思う。

そこにいるだけで、みんながそばにいただけで、満たされていたんだ、きっと。


みんなに会いたかった、会えてよかった。

この日が終わらなければいいとすら思った。


そう思った。



我愛你。

Tag:mind  Trackback:0 comment:2 

LOVE LETTER BOX

眠らなければいけない時間なのだけれど

どうしても



終わった恋の消化がうまくできない時がたまにあって

「引きずる」というのでは決してなくて

その時のやり取りや、景色、風、音、

全てが、ただシアワセだったのだなと思う時がある。

その思い出を

ふとした拍子に思い出しては実らなかった想いの行方に胸が苦しくなる。

すこしうろたえるくらいに切なくなって、やるせなくなる。


今そのヒトに対して当時と同じように恋をしてるかというと

そういうわけでもなくて

「好き」な気持ちはもちろんある

「想いの種類が違う」というふうにしか言えないのだけれど

「恋」じゃない。


ただ遠くからそのヒトのシアワセを祈っている

そういう感じ。


大切な思い出。

忘れる必要もない思い出。

それでいいよ。


あくまで思い出(過去)だってことを僕が忘れなければ。

Tag:image  Trackback:0 comment:0 

film Tag

pro160c  pro400h  xp-2  t-max400  prest400  portra160vc  delta400  x-pro200  trebi100c  era100  bw400cn  velvia100  portra400nc  portra400vc  acros100  GRⅢ  pro800z  portra800  pan-f-50  t-max100  reala100  

photo back
archive
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。