スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

ちりとり

110129 (6)

110129 (7)

110129 (8)

僕の撮る写真を好きだといってくれる人がいるというのは
ほんと、うれしいことでありがたいことで。

それでいて、なんだか不思議な気持ちになる。

自己表現というには
あまりに稚拙で自己満足な部分が強い僕の写真(という認識)

まぁ、もちろんどこがいいんだこんな写真!とかは絶対思いはしないけど。
(ブックや何やらで公表してる写真に関して)

しかし、やりすぎの写真も多いようで。
(これはまだ僕には完璧な判断はついてない)

それでも、思いのままに想うように撮ることで
僕の何かが表現できていればと想いながらシャッターを切る。


写真はファインダーから覗いた景色が写るものだけど
その少し手前にいる「撮り手」が写るものとも思っていて。

だから、僕の写真が好きといわれると、
僕自身を受け入れられてもらったような気になる。

それが、なによりうれしいと感じる理由。

110129 (2)
スポンサーサイト

Tag:square  Trackback:0 comment:0 

人との距離のはかりかた

100910 (1)

終わりました。


感想は、もっとやれたなっていうのが本心。

どこかで思考を止めていた。

作品は当日まで悩んでいたけど、
創りこみ自体はイメージだけが先行して、カラダが追いつかなかった。

「アートなのにやってることが古典的」

そういってくださった方もいた。

仕上げることを終着点にしていたのかもしれない。


ただ、後悔はない。僕の今が見えたから。

同じ轍を踏まなければいい。



昨年11月の展示と同じ作品をカタチを変えて展示した理由は、

作品画像はここで

「もっと大勢に、レビュアー様に観ていただきたかった」
「自分の力を図るため」

というところから。


前回、つけなかったステートメントをつけたのは
単純に観ていただける人にわかりやすいようにというのもあるけど

僕が僕を写真に撮る理由を僕自身が理解するために必要だった。

「コトバ」にすることで考え、選び、身になると思ったから。


コメントノートを読み返して
伝わる人には伝わってると思うと、まぁ、よかったかなとかも思う。


そして、
テラウチ先生、神島先生、藤井先生、坂本先生、松本先生、
藤木洋介様、木下アツオ様、大和田良様・・・

名前を上げきれませんが、ほんと多くの方々にお話を伺うことができました。

いいところ、わるいところ、生かすべきところ、なくしたほうがいいところ
こうしたらもっとよくなる、、、、


本当にありがとうございました。


話を伺って、気づかせていただいたことをしっかり吸収して
前に進みたいと思います。

来年、また同じ場所に立てるようしっかり自分と向き合っていこうと思います。

コピー ~ 110113 (1)

Tag:square  Trackback:0 comment:0 

チョコレート

110113 (4)


2/9~2/12
「御苗場」in パシフィコ横浜

2/11~2/12
「AOZORA写真展」 in 横浜美術館前広場

に、出展します。


いよいよ明日搬入なとこまできました。


写真を展示というカタチで
見せることの今、僕なりの意図は

この(写真の)思いを「見せたい」「見て欲しい」
ということが多くを占めているのではなく


写真をその場に表すことで
共にその場にいることで

繋がることがあるから。


そのために手を抜けない。

今できるベストでなければ意味が無い。


あれから2ヶ月が経って
今、あのときの充足感が今をもの足りなくさせる。


新作を出すとか
作品についてのこだわりとか

いろんなわだかまりがジャマをしていたけど
話をすることでいくらかそれはほぐれた。


満足できるもの
妥協しないこと
納得できること
嘘をつかないこと


理想の全ては叶えられない。


でも


僕が出来ることを

ただそれだけを


真摯にやるだけだ。

Tag:mind  Trackback:0 comment:0 

film Tag

pro160c  pro400h  xp-2  t-max400  prest400  portra160vc  delta400  x-pro200  trebi100c  era100  bw400cn  velvia100  portra400nc  portra400vc  acros100  GRⅢ  pro800z  portra800  pan-f-50  t-max100  reala100  

photo back
archive
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。